髙橋聡太 第3章 日本盤ライナーノーツの文化史

ポピュラー音楽を中心に20世紀の環太平洋圏の文化史を研究する。現在のテーマは戦後の来日公演史。主な論文に「来日公演のライヴ文化史:1950年代初頭のジャズ・ブームにみる「熱狂」の原風景」(『現代風俗学研究』、2015年)、論考に「ジャンルの樹海」(『ユリイカ 2017年8月号 特集=cero』)など。2016年に東京藝術大学大学院音楽研究科博士後期課程単位取得退学、同年から福岡女学院大学人文学部メディア・コミュニケーション学科専任講師。